2017年5月29日月曜日

Terraria v1.3.5 用フォントの作成方法

2017.06.11 追記:【注意】XNAフォントはデバッグビルド版ではなくリリースビルド版を使用すること。

Terraria v1.3.5 からフォントの作成方法が変更になったみたいです。忘れないうちにメモしておきます。

この記事では「Visual Studio Community 2015」を使用してTerraria v1.3.5用のフォントを作成する手順を説明します。以下、VS2015の開発環境が整っている前提で説明を行います。以下の手順はWindows 10 Pro バージョン 1607の環境で確認しました。


1.準備


1.1.必要なソフトのインストール


1.1.1.Microsoft XNA Game


「XNA 4.0 Refresh (Visual Studio 2015)」
ここにある「XNA Game Studio 4.0.5.zip」をダウンロードし解凍します。
この中には以下のものが入っています。
  1. DirectX
  2. XNA Framework 4.0 Redistribution
  3. XNA Game Studio 4.0 Platform Tools
  4. XNA Game Studio 4.0 Shared
  5. XNA Game Studio 4.0.vsix
1番から順にすべてインストールします。インストールは標準でかまわないと思います。

【参考】
CodePlexは今年中に閉鎖される予定だそうです。ダウンロードしたファイルは保存しておいたほうが良いかもしれません。
「Shutting down CodePlex | Brian Harry's blog」
https://blogs.msdn.microsoft.com/bharry/2017/03/31/shutting-down-codeplex/

「Google Code」に続き、MSの「CodePlex」も閉鎖 —— GitHubへの移行を推奨 | BUSINESS INSIDER JAPAN
https://www.businessinsider.jp/post-1570


2017年5月20日土曜日

Terrariaの日本語化について その2


2017.06.29 追記:tModLoader v0.10.0.2で日本語化が可能な事を確認しました。
2017.06.24 追記:TMM v1.1.1.0 をリリースしました。メモリー不足で異常終了する問題に対処しました。恐れ入りますが最新版のTMMをダウンロードし、「Create MOD」で日本語化MODの再作成をお願いします。
2017.06.18 追記:手順「1.5.Terraria 英語版の起動確認」を追加しました。
2017.06.17 追記:Windows 7 に対応したTMMをアップしました。ファイル名は TrJpModMaker_日付(Win7).zip です。なお、該当するのは Windows 7 を使用している方のみです。
2017.06.11 追記:TMM v1.1.0.0 をリリースしました。tModLoaderへの対応やフォントの対応文字種の拡張など行いましたので、最新版のダウンロードをお願いします。


前回公開したツールはバグがあったり、使い勝手が悪かったりしたので公開は取りやめ、GUIベースのものに変更しました。使い方もより簡単になっています。

日本語化したTerraria

日本語化ツールの画面はこんな感じです


1.Terraria JpMod Maker(TMM)


Terraria JpMod Makerでは以下のことができます。これ以降の説明では「Terraria JpMod Maker」をTMMと呼びます。

  • Terrariaの日本語化。
  • 日本語フォントの登録。
  • 日本語化されたTerrariaの実行。
  • tModLoader使用時の本体部分の日本語化。

2017年5月17日水曜日

Terrariaの日本語化について

2017.05.26 追記:これは古い記事です。新しい記事を書きましたので「Terrariaの日本語化について その2」 を参照ねがいます。
2017.05.18 追記:MODを生成できないバグがあったので一旦公開を停止しました。

久しぶりにTerrariaをやってみようと思ったら、Terraria 1.3.5 から日本語化MODが使用できなくなっているようです。調べてみたところ、システム的に結構大きな変更があったみたいです。しかし、以前とは異なり比較的簡単に日本語化できることがわかりました。

有志の方が作成している翻訳データを元に日本語表示のテストをしてみました。

ちょっと文字サイズが小さいか・・・

2017年5月4日木曜日

Low Magic Age の日本語表示方法


2017/08/17 追記:v0.85.11 対応版をアップしました(翻訳率49.8%)。  
2017/08/10 追記:v0.85.10 対応版をアップしました(翻訳率45.3%)。 
2017/08/04 追記:v0.85.09 対応版をアップしました(翻訳率40.6%)。
2017/07/29 追記:v0.85.08 対応版をアップしました(翻訳率38.6%)。
2017/07/20 追記:v0.85.07 対応版をアップしました。
2017/06/29 追記:v0.85.04 対応版をアップしました。
2017/06/24 追記:v0.85.03 対応版をアップしました。
2017/06/01 追記:v0.85.00 対応版をアップしました。
2017/05/25 追記:本日リリースされた v0.84.10 に対応した日本語化MODをアップしました。今回より日本語データも同梱していますので、すぐに日本語の表示を確認できます。



Low Magic Age の日本語表示方法がわかったので手順をメモ。
【注意事項】ここには日本語化MODはありません。日本語化したい方は、以下の手順に従い各自で翻訳してください。 Google翻訳を使って意訳していますので誤訳などがあると思います。

Steamで2017/01/11にリリースされたD&D風RPG 「Low Magic Age」。
  • ターンベースのRPGで、D&D風のルール「d20システム」を採用。
  • 見下ろし型2D。ファミコン風とも言える。
  • 早期アクセスのため、まだシナリオなどはなくアリーナでひたすら戦う。
  • 安いです、なんと驚きの398円!
ボードゲーム風のプレイ画面

2016年7月13日水曜日

Pillars of Eternity MOD Launcher (PEM-Launcher)

これは Pillars of Eternity のMODの管理とゲームの起動を支援するMODランチャーです。これを使用することにより複数のMODを使用したり、個々のMODの有効/無効を簡単に行うことができます。

こんな画面です


0.準備作業


0-1.オリジナルの復元


旧日本語改行MODを使用している方は、PEM-Launcher 起動前に「Assembly-CSharp.dll」をオリジナルに戻しておく必要があります。日本語改行MODの readme.txt を参照し元に戻しておいてください。また、Steam の「ゲームキャッシュの整合性を確認...」で戻しても結構です。
 

0-2.PEM-Launcher のダウンロード


 以下のサイトから「Pillars of Eternity日本語化Mod3.5.rar」をダウンロードし解凍、さらに「PEM-Launcher_2016.07.12.zip」を解凍します。
「ディスオナード日本語化計画」
http://ux.getuploader.com/fackman/

(PEM-Launcher_2016.07.12版以降はファックマンさんのアップローダーで公開することにしました)

2016年5月3日火曜日

TLKファイルを操作するツール(IETlkTools)を公開しました。

BG:EEなどの dialog.tlk や dialogF.tlk を簡単に操作できるようなツールが欲しいとの要望がありましたので作ってみました。


このツールでは以下の処理が行えます。
  • TLKファイルから翻訳シートを作成
  • TLKファイルと翻訳シートから新しいTLKファイルの作成
これでBG:EEなどのTLKファイルを使用するゲームを自分で翻訳し日本語化MODを簡単に作成することができます。


1.処理の概要


2015年12月19日土曜日

Sword Coast Legends の日本語化

[2016/01/05 追記: ファイルの取り出しに失敗した時の対応方法を追加した]

Steam版 Sword Coast Legends の日本語化の方法がわかりましたので、まとめておきます。なお、ここには日本語データはありませんので各自で翻訳を行ってください。

この記事は 2015/12/19-20に行われた Steam Free Weekend 版(製品バージョン 5.1.4.8503135)で確認したものです。

■日本語表示例

Google翻訳を利用したサンプルです。

メインメニュー